Monthly Archives: 1月 2016

緊急避妊薬を飲んでも効果がない場合はどうしたら良いか

緊急避妊薬は避妊に失敗してしまった場合に72時間以内に服用することで、妊娠してしまう確率を下げることが出来る薬です。しかし緊急避妊薬の服用による避妊成功率は80パーセント程しかない為、服用しても避妊の効果がないという人も沢山いるものです。更にそもそも緊急避妊薬を服用するのを忘れてしまっていたり、服用したとしても72時間経過後に服用した等の理由で、避妊のしての効果を得られないという人も沢山いるものです。もしも緊急避妊薬を持っていても避妊効果を得ることが出来なかった場合、未婚のカップルはどうしたら良いのでしょうか。
当然避妊に失敗してしまった場合は女性は妊娠してしまいますので、その後は子供を産むか産まないかの選択をしなければいけなくなります。もし産まないのであれば当然中絶手術ということになってしまいます。そしてもし産むのであれば場合によっては結婚もする必要がありますし、出産育児費用等も貯金しなければいけません。どちらを選択するにしても大変な決断であり、それなりに費用がかかってきてしまうものなのです。
しかし一般的に避妊に失敗してしまった未婚のカップルの場合、余程の事情がない限りは頑張って子供を産んで結婚した方がその後幸せになれることが多いです。カップル間に愛情があるなら尚更のことです。一昔前までは出来ちゃった結婚をした人に対して冷たい視線が向けられていたこともありました。しかし現代では出来ちゃった結婚は授かり婚ともいい、比較的世間からも肯定的なイメージを持たれるようになりました。芸能人等に比較的出来ちゃった結婚をする人が多くなっていることも影響しています。なので避妊に失敗してしまった場合、一番良い選択は結婚して子供を産むことなのです。